1)放牧用の草資源の乏しい日本では、母牛と子牛が共に放牧されることは困難である。
2)出産された子牛は、母牛からの初乳が重要となる。日本の場合は、初乳=授乳数日後 からは、極めて人工的な哺乳保育が一般的である。
※哺乳ロボットを使用する農家も少なくない。
3)肥育用として生産された子牛は、幼少期から人工哺乳で育成される。
子牛にとって母牛のケアーが必要とされる幼少期での離乳(母牛から離す)は、大きなストレスとなります。その代役を人間が行うことになります。
4)保育期間を過ごした肥育用子牛たちは、その後の餌となる乾草や穀物までも輸入物に頼らざるおえないのが現状です。

※健康な子牛とは!
出産された子牛は、母牛のケアーを受け大切な初乳を飲みます。(母親からの抗体を受け継ぎます)
子牛は、母乳に依存する生後3ヶ月〜6ヶ月間を過ぎると、牧草に依存するようになります
肥育用子牛にとって一番大切なことは、健康で強い内臓を作ることです。


BALCKクラス 380日肥育 枝カット 10番−11番



BALCKクラス 380日肥育 枝カット 10番−11番



BALCKクラス 380日肥育 枝カット 6番−7番



BALCKクラス 380日肥育 枝カット 6番−7番



GOLDクラス 350日肥育 枝カット 10番−11番



GOLDクラス 350日肥育 枝カット 6番−7番



GOLDクラス 350日肥育 枝カット 6番−7番


参考肉質(PREMIUMクラスも近日公開)


Copyright © 2009 World K's Group All Rights Reserved.