PHでの自社生産のみを使用します。
外部からの乾草を購入しないことは、外部の病気や雑草を受け入れない、危機管理のポイントでもあります。
豊富な草種
イネ科/ムギ科/マメ科
ライグラス・オーツ・ルーサンのヘイやヘイレージも生産します。
牛の嗜好性や含有養分の特徴を踏まえ、給与量などについても細心の注意を払います。
乾季であっても増体・重量重視ではなく!
良質の乾草を給餌し、しっかりした仔牛の胃を作る事を基本とします。
ペレットや濃厚飼料をむやみにあたえません!
毎年12,000個の乾草生産をおこないます。
1個/400Kg X 12,000個 = 4,800,000Kg


☆ 乾季には、新鮮な乾草が重要となる